容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

おまとめローン 今までは募金、今後は“応援消費”――どんな被災地支援をしていますか?

  1. 2011/05/23(月) 12:32:18|
  2. おまとめローン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
東日本大震災から2カ月が経過しようとしている。ミネラルウオーターなど不足していた商品の供給が再開したり、企業CMが復活したりするなど、消費の現場は震災前の状況に戻りつつあるが、消費者はどのような意識になっているのだろうか
千趣会の調査によると、20代以上の女性に「現在の自粛ムードについて、どのように思いますか?」と尋ねたところ、「行き過ぎだと思う」が40.4%と「行き過ぎだと思わない」の11.0%を大きく上回った。しかし、「どちらともいえない」が48.6%と半数弱を占めており、現状のままでいいという人が多数派であるようだ。

 買い物などの行動や消費について聞くと、「節電に努めている」(東日本94.8%、西日本82.8%)や「食料品など今必要なもの以外は、今すぐ買わないようにしている」(東日本84.8%、西日本87.2%)が上位だった。

 東西で意識が異なっている事柄も多く、東日本では「計画停電、ガソリンを使わないようになどの理由で外出を控えることがある」(東日本62.5%、西日本25.1%)や「意識して控えるというよりは、買い物や外出を楽しむ気持ちになれない」(東日本54.3%、西日本41.9%)の割合が高かったのに対して、西日本では「震災前と変わらない普段通りの暮らしをしている」(東日本55.8%、西日本80.2%)の割合が高かった。

●今までは募金、今後は“応援消費”

 企業などの被災地支援の動きが活発だが、個人としてはどのようなことを行っているのだろうか。個人で行った「募金や義援金、物資の寄付」では、「ネット以外(街頭、店、職場など)で募金・義援金に協力」(59.8%)や「ネットで募金・義援金(ポイント含む)に協力」(58.9%)と答えた人が多かった。以下、「物資を寄付」が15.0%、「チャリティ商品を購入」が11.4%、「郵便局や銀行窓口などから送る形式で、募金・義援金に協力」が10.5%で続いた。

 一方、今後の支援については、「被災地周辺の特産品や名産品を購入したり、宿泊施設を利用」(31.2%)や「チャリティ商品を購入する」(29.8%)の割合が高くなっており、千趣会では「『物を買って応援する』という応援消費が今後活発になりそうだ」とコメントしている。

 インターネットによる調査で、対象は20代以上の女性2745人(東日本1734人、西日本1011人)。調査期間は4月8日から15日。


府中賃貸

国立賃貸物件

国分寺賃貸物件

武蔵小金井賃貸物件

三鷹賃貸物件

荻窪賃貸物件

高円寺賃貸物件

阿佐ヶ谷賃貸物件

北千住賃貸物件

綾瀬賃貸物件

竹ノ塚賃貸物件

西新井賃貸物件

亀有賃貸物件

錦糸町賃貸物件

亀戸賃貸物件

両国賃貸物件

門前仲町賃貸物件

葛西賃貸物件

小岩賃貸物件

瑞江賃貸物件

草加賃貸物件

厚木賃貸物件

関内賃貸物件

藤沢賃貸物件

元町賃貸物件

戸塚賃貸物件

平塚賃貸物件

桜木町賃貸物件

熊谷賃貸物件

上尾賃貸物件

深谷賃貸物件

大宮賃貸物件

浦和賃貸物件

川口賃貸物件

新百合ヶ丘賃貸物件

永山賃貸物件

相模原賃貸物件

大和賃貸物件

<<  おまとめローン 支局長からの手紙:生き抜くために /高知  |  ホーム  |  おまとめローン 米大手銀、東電に優先株発行を提案 財務改善は「ビジネス・チャンス」  >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://omatome.dtiblog.com/tb.php/23-65bd042b

DTIブログって?